【速報】TDRチケットに変動価格制導入・アーリーエントリーチケット販売

東京ディズニーランド/東京ディズニーシーの入園チケットはこれまで入園時間ごとに価格が定められていましたが、12月22日、初めて変動価格制が導入されることが発表されました。また、ディズニーホテル宿泊者向けに、新しく「アーリーエントリーチケット」が販売されることもあわせて報じられました。
今回はこの変動価格制とアーリーエントリーチケットについてご紹介します。

チケットの値段が変わる「変動価格制」

変動価格制とはマーケティング戦略のひとつで、カレンダー上の休みや時期、天候などさまざまな要因から混雑具合を予想して、それに応じて価格を変動させるというものです。旅館の宿泊費やカラオケの料金などを想像するとわかりやすいかもしれませんね。

今回東京ディズニーリゾートの両パークで導入された変動価格制も、土日・祝日・春休み・GW期間などに最大料金になるよう予定されており、それぞれの価格幅は以下の通りです。

▼2021年3月20日(土)入園以降のチケット価格

チケット  大人 中人 小人
1デーパスポート¥8,200〜8,700¥6,900〜7,300¥4,900〜5,200
10:30〜入園¥7,700〜8,200¥6,500〜6,900¥4,600〜4,900
12:00〜入園¥7,300〜¥7,700¥6,100〜6,500¥4,300〜4,600

今後の価格設定については、東京ディズニーリゾートの公式サイトにて随時案内されるようなので、パークに遊びに行く際にはチェックしましょう♪

ホテル宿泊者向け「アーリーエントリーチケット」

アーリーエントリーチケットは、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーランドホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタに宿泊するゲスト向けに、2021年2月20日入園分より販売されます。
その名のとおり少し早めの8:00に東京ディズニーシーに入園することができ、他のゲストよりも一足先に楽しむことができるものです。
現在わかっている詳細は

・価格は¥3,000
・東京ディズニーシーのみ
・8:00に入園できる

といったもので、2021年2月20日〜3月31日の入園分が対象とのことです。このアーリーエントリーチケットで体験可能な施設には限りがあり、別途入園料が必要ではありますが、せっかくディズニーホテルに宿泊しているのであればさらなる“特別感”を味わうことができそうです♪
なお、チェックイン日ではなくその翌日が対象なようなので、チケット購入の際にはご注意ください。

まとめ

いかがでしたか。今回は12月22日に発表された、入園チケットの変動価格制とアーリーエントリーチケットについて紹介しました。2月20日以降にディズニーホテルに泊まる方や春休み頃にパークへ行く方はぜひ参考にしてくださいね♪




注:商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる可能性があります。©️Disney
Twitterのフォローをお願いします!