真夏の暑さ対策【東京ディズニーリゾート編】

梅雨が明けると気温がどんどん高くなり、夏を感じますね。
太陽がじりじりと照りつけたり、ジメジメと暑い日があったり、お店には「熱中症対策グッズ」がずらりと並んでいたり…。

東京ディズニーリゾートでも、2019年7月9日(火)より夏のイベントが始まりました!
東京ディズニーランドでは、「ドナルドのホット・ジャングル・サマー」、東京ディズニーシーでは、「ディズニー・パイレーツ・サマー」が開催されています。

そこで今回は、真夏でも思いっきりパークで楽しめるよう、暑さ対策についてご紹介したいと思います。
ぜひ、この夏、パークに遊びに行くための参考にしてみてください。

夏の東京ディズニーリゾートを楽しむために大切なこと

室内や日陰での休憩

引用元:公式サイト

楽しいことが目白押しのパーク内では、ついつい無理をしてしまいがちです。
でも、体調が悪くなってしまうと大変ですので、無理は禁物です!

暑い夏には特に意識して、冷房の効いたレストランで休憩したり、お店に入って涼んだりしましょう。
日陰にあるベンチで休むだけでも休息になると思います。

また、パーク内には、涼しいミストを噴射しているクールスポットが数ヶ所設置されていますので、クールスポットで涼をとるのもいいですね。

こまめな水分補給

引用元:公式サイト

のどが渇いていなくても、こまめに水分補給することが大切です。
いつでも水分をとれるように、ドリンクを持ち歩くようにしておきましょう。
ドリンクがなくなる前に前もって購入するように心がけておくといいと思います。
パーク内には、水飲み場もたくさんありますので、利用しましょう。

汗をかくことで塩分も失われますので、塩分補給も忘れずに!
  

服装で調整

夏の東京ディズニーリゾートに行く時には動きやすくて涼しい服装がオススメです。
  
トップスは吸水即乾の冷感インナーなどを着て半袖のTシャツを重ねるのがオススメです。
Tシャツはぴったりサイズよりも、少しゆったり着れるものがいいでしょう。
カジュアルに着れて気分も盛り上げてくれる、パークで売っているキャラクターのTシャツを着るのもいいですね。

ボトムスも厚手の生地のものは避け、通気性のいいズボンやスカートを選びましょう。

夏のイベントには散水ショーがありますので、服が水に濡れた時や汗をかいた時のために、着替えを用意しておくのもオススメです。

夏の東京ディズニーリゾートで役立つ持ち物

日除けグッズ

引用元:公式サイト
  • 日傘
  • 帽子
  • フード付きタオル
  • バスタオルなど

日傘や帽子、フード付きタオルやバスタオルなどを利用して直射日光を避けることで、暑さを和らげることができます。

オススメはフード付きタオルです。
パークグッズのフード付きタオルには、UVカット効果があるものもあります。

外では、日除けとして重宝しますし、室内では、冷房が効いているので冷房対策としても使えます。一石二鳥のアイテムです。  

清涼グッズ

  • うちわ
  • 扇子
  • ミストファン
  • ポータブル扇風機など

暑い夏にはうちわや扇子など、風を出すグッズが大活躍します。
パークで売られている可愛いミストファンで、風とミストの両方を楽しめるものもいいですね。

夏になると様々なお店で、ポータブル扇風機が販売されているのを見かけます。
風の強さを切り替えられるものや、充電式で長い時間使えるものなど、いろいろあるようです。
普段使いもできるものですので、ひとつ持っていても良さそうです。

ひんやりグッズ

引用元:公式サイト
  • 冷感タオル
  • 冷感スプレー
  • 汗拭きシートなど

脇の下、首、脚の付け根といった太い血管が近くを通っている箇所を冷やすと体温を効果的に下げることができるそうです。

冷感タオルなどで首元を冷やすと良いでしょう。
汗で体がベタベタになった時は、汗拭きシートでさっと拭いてさらっとした肌にすることで、不快感が消えて、快適になりますよ。

冷感スプレーなども活用して、暑さを吹き飛ばしましょう。

冷たいメニューでクールダウン!

夏の東京ディズニーリゾートといえば、ミッキーマウス型のアイスバーやシェイブアイスが美味しいですよね!
シェイブアイスは、今年もいろいろな味が楽しめます。
サイダー味のクラッシュアイスも販売されています!

冷たいアイスやシェイブアイスを食べて、クールダウンするといいですね。

暑さ対策を万全にして、暑い夏でも元気に東京ディズニーリゾートの夏イベントを楽しみましょう!!




注:商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる可能性があります。©️Disney
Twitterのフォローをお願いします!